ライフ 安心して使える育毛剤を選らぶことが大切
頭皮湿疹・アトピーの場合どうすれば?

「頭皮湿疹」の治療とセルフケア フケとかゆみに悩まされ、気がついたら頭皮が赤くなっている・・・といったことになっていませんか?
頭皮に湿疹(皮膚炎)ができる原因はいろいろあります。その中で最も多くみられるのが「脂漏性皮膚炎」によるものです。
この病気は、ストレスや生活習慣の影響を受けて繰り返し発症しやすいので注意が必要となります。
治療によって症状が治まった後も、バランスのとれた食生活と睡眠を十分にとるなどのセルフケアを怠らないようにしなければなりません。
頭皮の湿疹に悩んでいる人・経験した人は、身近にも多くいます。それは何が原因なのでしょう。 フケ・かゆみ・赤みを発見したら、それは乾燥性か脂漏性かを調べた方が良いでしょう。
頭皮に起こる湿疹(皮膚炎)の原因はいろいろ考えられますが、大きく分けると、頭皮の乾燥が原因となっているケースと、「脂漏性皮膚炎」とがあります。
乾燥が原因で起こる湿疹の特徴は、
頭皮の表面では、常に新しい細胞がつくられ、古くなった角質細胞はフケとなって剥がれ落ちていく、ターンオーバーが繰り返されています。
フケは皮膚の垢(あか)と同じで、誰にでも生じるものですが、洗髪のしすぎなどで皮脂を取りすぎると、頭皮が乾燥し、パラパラと乾性のフケがたくさん出てくることがあります。特に空気が乾燥する冬場に多くなり、この状態を放っておくと、かゆみや赤みも生じてきます。こうした乾燥性の頭皮湿疹は、アトピーなど乾燥肌の人に多く見られ、この場合は「保湿」治療が必要となります。
多くは、皮脂の分泌と癜風菌が関わる「脂漏性皮膚炎(湿疹)」と判断されます。
では、「脂漏性皮膚炎」とはどんな病気なのかといいますと、
頭皮湿疹で最も多く、頭皮だけでなく鼻や耳など皮脂の分泌が活発なところに起こりやすく、皮脂を好む真菌(カビ)の一種、「癜風菌(でんぷうきん)」(マラセチア)が深く関わっています。
水虫のように菌が感染して起こるのではなく、誰でも持っていて、頭皮など皮脂の分泌が盛んな部位で繁殖しやすい「癜風菌」という常在菌の一種が、過剰に増えることが原因です。この菌が増加すると、皮膚に炎症を起こして、湿ったフケが出やすくなり、ひどくなると赤くなったり、かゆみを伴ったりする場合があります。また、掻き毟ることで頭皮を傷つけ「かさぶた」ができることも多々あります。乾燥する冬だけでなく、夏場にも多くなるのが特徴です。
脂性肌の人は一般的になりやすいかもしれませんが、顕著な脂性肌でなくても皮脂の分泌が活発なところで起きやすいと考えてください。脂性肌でないから絶対できないということではありません。
しかし、頭皮の湿疹がすべて脂漏性皮膚炎であるとは限りません。まずは皮膚科で診断してもらうことが大切です。
脂漏性皮膚炎と診断された場合は、ステロイドの塗り薬と抗真菌剤を併用します。
脂漏性皮膚炎と診断されたら、かゆみや赤みなどの炎症を抑えるために、「ステロイド(副腎皮質ホルモン)」剤」の塗り薬が最も有効とされ、処方されます。1~2週間以内に効果が現れます。ところが、炎症が治まった後も繰り返しやすいのが特徴のため、ステロイド剤の塗り薬だけでなく、癜風菌を減らすための「抗真菌剤」の塗り薬を併用するのが一般的とされています。
塗り薬は使いづらいということもあり、いずれの塗り薬も、使いやすいようにローションタイプになっています。
皮膚の細胞が生まれて剥がれ落ちるまでには約1ヵ月半かかり、これを「表皮のターンオーバー時間」といいます。症状が治まった後も、健康な頭皮に生まれ変わるまでの1ヵ月半くらいは抗真菌剤を塗り続けるようにしましょう。
薬剤による治療と合わせて大切なのが、生活習慣の見直し、つまりセルフケアです。
頭皮を含め分泌される皮脂量は、食生活をはじめとする生活習慣の影響によって大きく左右されるからです。 栄養バランスのとれた食事や規則正しい生活で再発を予防しましょう。 セルフケアでは、まず、洗髪で頭皮を清潔に保つことが必須です。 その際に注意する点は、洗浄力の強すぎるシャンプー剤を毎日使ったり、神経質になって1日何回も洗髪したり、爪を立ててゴシゴシ洗ったりしないことです。これらは、頭皮の乾燥を招いたり、頭皮を傷つけるので気をつけましょう。洗髪の回数は、皮脂の分泌量や季節などによって違ってきますが、多くても1日1回、場合によっては1日おきで十分です。頭皮をやさしくマッサージしながら洗い、すすぎを十分にするのがポイントです。また、市販されている抗真菌剤入りのシャンプー剤を使うのも1つの方法でしょう。 脂っぽい食品だけ、アルコールとおつまみだけといった偏った食生活は好ましくありません。
かといって極端な食事制限をすると長続きしませんし、かえってストレスになることもあります。
どんな病気の改善にもいえることですが、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
難しい場合は、今日洋食だったら、次は和食。今日外食だったら、明日は、自炊。などと簡単なことから改めていくと良いでしょう。
特にビタミンB2やB6が不足すると皮膚症状が悪化します。ビタミンB群を含む食品は積極的にとってください。
食事で補いきれない場合は、医師にビタミン剤を処方してもらうことができますので、かかりつけの医師に相談するとよいでしょう。
また、ストレスも溜め込まないようにする、睡眠不足にならいようにすることも、病気の再発予防の基礎中の基礎です。 繰り返しやすい病気であることをしっかり認識する必要があり、発症すると、なかなか治らないと訴える患者さんもいます。
症状がよくなっても油断をせず、根気良くセルフケアを続けていくことが一番大事なことなのです。


2012.10.05